『むかし僕が死んだ家』

『むかし僕が死んだ家』 著:東野圭吾 版元:講談社


中学の頃、初めて読んだ東野圭吾作品がこちらでした。


読み終えて感じたことは、


(...タイトル合ってる?)。


タイトルを見て手に取ったからこのタイトルの理由が余計に気になったし、

なぜこのタイトルなのか未だに答えを見つけられないのが悔しい。


途中までスローテンポで進む世界は入りやすくて、

でも複雑すぎる事情が解明されていくのに圧倒された。


謎とツッコミどころが多めだけど、いいんです。小説です。


何が起きてもいい世界だし、現実味ありすぎると少し冷めてしまうものなのかも。


そう感じられるようになった作品で、

読書にハマったきっかけにもなりました。


小説を読むのが苦手だけど、ちょっと興味はある...なんて人には、

おすすめの東野圭吾さん作品。

ぜひ、一度手にとってみてください。



profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram