『八日目の蝉』


小説『八日目の蝉』著:角田光代 版元:中央公論新社

映画『八日目の蝉』


今年もセミの声を聞くようになりました。

梅雨明けもあと少し。

そんな時期にいつも思い出す小説と映画が『八日目の蝉』です。


小節と映画、テレビドラマは見たことがありませんが、

ベストセラーであり、大ヒット映画でもあり。

映画は舞台挨拶に行っていたこともあり、中島美嘉さんの復帰作"Dear"を聴いて、

素敵だなーとうっとりした記憶が鮮明に残っています。


実際は蝉の話ではなく、幼児を誘拐し一期間育てた女性の話なのです。

それを、

7日間で死ぬと言われる蝉の世界で、

8日目を生きた蝉に例えるのが秀逸です。


きっと見る人によっていろいろな感想がある作品。

母親の人、父親の人、子どもの人、今に満足している人、していない人、

立場って不思議なものですよね。


そんな夏の始まり。

今年も緊急事態宣言ですので、ぜひおうち時間にご覧ください。






profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram