『名前探しの放課後』

『名前探しの放課後』 著:辻村深月 版元:講談社


人が人のために動く。

それに感化されて人が集まる。

この連鎖って素敵と思う。

 

ある日、3か月前にタイムスリップした主人公は、

3か月後にクラスメイトが自殺する事実だけを知っている。

ただ、"誰が" "どんな理由"で自殺したのかは思い出せない...。

だから、周りを巻き込んで阻止する計画を立てる。


作戦がうまくいったり、いかなかったりするなかで、

それに関わる全ての人のエピソードがつながった時、

本当に涙が止まらなかった。


浅い関係の人でも目的を共有して分かち合うと、

親友になれるのかもしれない。

 

「やさしさ」でできた作品でした。

 

この作品は、著者の辻村さんの以前作品にもリンクしているため、

辻村さんファンの方にはおもしろみ倍増かもしれません。


でもわたしは、小説単体で楽しみたかったので、

最後がだいぶ腑に落ちなくて感動も激減してしまった部分も…

エピローグがなかったら…と残念。。。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram