『恋のゴンドラ』

『恋のゴンドラ』著:東野圭吾 版元:実業之日本社


早くも2回目の登場、東野圭吾さんの小説です。

こちらの作品も読みやすい作品だと思いますが、

読みながら相関図書きたくなります。

(わたしは書きました✏︎)


ある種のゲレンデマジックと言ってもいいのかもしれない。

男の性(さが)ってヤツはなかなか理解し難いもので、ありえないけど、

全くありえなくもないノットノンフィクションって感じ。


だからこそ、世代別・男女別・既婚/未婚で感覚が違う気がして座談会とかしたくなります。

(これはできていません。笑)


映画化された作品もある

“東野圭吾雪山祭り”の『疾風ロンド』『雪煙チェイス』はシリーズではないけど、

1つだけ共通点があるのです。それを見つけるのも、東野さんの遊び心を感じられて楽しいかも。


それにしても、東野圭吾さんの作風は多岐にわたっていて、すごい。

多重人格者なのかと疑ってしまう。

まぁ、そうしたら作家さんはみんな多重人格者になってしまうな。。。


引用: https://www.j-n.co.jp/yukiyamamatsuri/gondola.html



profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram