『愚行録』

『愚行録』 著者:貫井徳郎 版元:東京創元社

 

未解決事件の真相解明ため、記者が関係者にインタビューをしていく構成で暴かれていく様々な愚行たち…

そう愚行録だ…

それらは、だれの中にも存在する黒い部分がきっかけなのかもしれない。

 

物語を進めるのは記者なのに、その存在感がおもしろかった。

前のめりな質問も誘導もなくて、なんとも自然体…というか空気みたいに存在感がない。


それも相まって、まるで誰もいないみたいに関係者は気持ちよーく全てを語ってくれるの。


ただただインタビューが続く中で、じりじりと芯の恐ろしさに気づかされる。

この作品も映画化されていますが、その衝撃は原作を勝るものではなかった。

 

人間のもつ恐ろしさは計り知れないけど、育ってきた環境というものは、

なによりも重要な人生のポイントなのかもしれない。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram