『文体練習』

著:レーモン・クノー 訳:朝比奈弘治 版元:朝日出版社


「バスに乗っている時に口論を目撃し、その2時間後に、

同じ人物が別の駅で友人と話しているのを見かける」


この本に書かれているストーリーはこのお話1つだけ。


え。って思いますよね。


この1つのストーリーが99通りの異なる文体で書かれているところに、面白さがあります。


いろいろな角度や書き方によって、1つのストーリーの見え方はぐるぐると変わっていく。

文章っておもしろいなって思える作品です。


元々はフランスで1947年に発行された作品ですが、現在日本語を含めて30か国語以上翻訳されています。

この作品が世界的に人気の証だと思いませんか。

見つけた際はぜひ手にとってみてくださいね。


profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram