『本日は、お日柄もよく』

『本日は、お日柄もよく』 著: 原田マハ 版元:徳間書店


好きな作家さんなので、たびたび登場しますが、

そこはお許しください。


この作品で初めて、"スピーチライター"という業種をはじめて知った。

入学式などの学校行事で必ず行われるスピーチの時間。

幼稚園のころから、私にとっては、退屈で眠りを誘うBGMだった。

スピーチする側は、退屈な気持ちになってほしいわけではないだろう。

しかし、退屈な思いをさせていることに気づいてるスピーカーも多いそうだ。

悪循環である。

その救世主がスピーチライター!


実際のスピーチライターはわからないが、この作品で素敵だと思ったのは、スピーチライターといえど、

ただ原稿を書くわけではないこと。スピーチの中でヒントとなるポイントやアドバイスはするが、

あくまでスピーチする側に考えさせることで自分の言葉を完成させていく。

おもしろいことを言おう、感動させたい、などではなく、

邪念のない"自分の言葉"、"伝えたい気持ち"は多くの人の耳から心に届き素敵な時間が流れる。

小説を読んでいても心に響いたのだから。


そんなスピーチができたらきっとみんながハッピー。

いつかそんなスピーチと生で出会いたいものです。



profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram