『楽園のカンヴァス』

『楽園のカンヴァス』著: 原田マハ 版元:新潮社


もし。

いちばん好きな作品はなんですか?

と聞かれたら、みなさんはどの作品を当てはめますか?


私は、『楽園のカンヴァス』。

即答します。


そのくらい、好きな作品です。

作家の原田マハさんは、美術館のキュレーターとして活動していたこともあり、

芸術作品をテーマにした作品が多いのが特徴のひとつです。

この作品もタイトルから見て取れるようにそのひとつ。


ですが。


はじまりから終わりまでずーっとドキドキとワクワクが止まらなかった。

小説は先が読めてしまう作品も多いけど、

これは全然予想ができなくて、1行先さえ読めなくて、期待を遥かに超える驚きと感動。

小説であること、フィクションであることを忘れて熱中した。

そして、現実であってほしいと心底願ったし、

この作品にでてくる絵に会いに行きたくなった。

この作品を知人に勧める度に、もう一度読もうって思う。

そして読み終わる頃「あぁ、終わってしまう」と毎回悲しくなるけど感動してる。

出会えてよかった。ありがとうございますと伝えたい作品。


さ、

また読まないと♪


profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram