『生きるぼくら』

『生きるぼくら』 著: 原田マハ 版元:徳間文庫


舞台は、信州長野。

信州長野は、私にとってゆかりの場所なんです。


夏に訪れると新緑色の稲穂が、秋に訪れると黄金色の稲穂へと成長している。

その景色のなかお散歩するのがすき。


そんなことを思い出しつつ、読んでいるとほっこり胸があったかくなった。


でもひとつ、忘れられないシーンがあって


おばあちゃんと青年が携帯で写真を撮ろうとするんだけど、おばあちゃんがうっかりその携帯を池に落としてしまうの。

青年は、怒りを抑えられず感情をぶつけてしまう。


——— ごめんね、、、———


と、申し訳なさで小さくなるおばあちゃんの姿が目に浮かんでしまう。


時間が経てば冷静になって許せること、その瞬間カッとなってしまうことがある。


わたしは、冷静でいられるだろうか。

生きること、その上で関わる人との大切さを伝えてくれてる作品だと思う。


5年後、10年後、歳を重ねてからまた読みたい。

人としての初心にかえることができる気がするから...




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram