『罪の余白』

『罪の余白』 作:芦沢 央 版元:KADOKAWA


心理戦にハラハラして読み応えのあった作品をひとつ。


犯人が分かった上で、犯人目線と、被害者家族目線で書かれた構成は、犯人を暴くよりも、発展が読めなくて文字追う目が止まらなかった。

 

ある日、父親は娘が学校で転落死したと知らされ、深い悲しみを抱きながら自殺ではないと、

真相解明と共に犯人への復讐を誓うんです。

"復讐"というより、"報復"に近いかも。


一方、犯人は、娘の同級生でヒエラルキートップクラスの女子高生、咲だ。


父親が正義で、犯人が絶対的悪なのに、

「違う、違う、どっち応援してんだ!?」

って瞬間があったのは、咲のカリスマ性にあったのかも。


……悔しいけど、抗えない。そんな中毒性もある作品でした。

 

こちらは2015年に映画化していますが、まだ観ていないので機会があれば心理戦を期待して観たいなと

思っている作品です。


profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram