『舟を編む』

こちらも、見たいなぁと思って、いつの間にか月日が経ってしまっていた作品。


辞書を編集する編集者とその周りをとりまく人々とのお話。

とても静かに、ずっと熱いストーリーでした。


松田龍平さんって、全部同じような演技に見えるのに、

キャラクターがどれもしっかりと違って、すごい不思議な魅力があります。


この作品でも、言葉に対して、天才的なセンスを持ついち編集者の役。

ボーっとしているように見えて、感情はとても熱い。

編集期間、15年という気が遠くなるゴールに向かって走り抜く彼の姿勢には、

尊敬しかない。


現代ならPCでできる作業が、すべてアナログだった時代。

本当にすごいなーと思う。


何かやる気がない時に、見ると、勇気をもらえるかもしれません。







profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram