『雪の鉄樹』

『雪の鉄樹』 著:遠田潤子 版元:光文社


ちょっと季節は戻ってしまう冬の作品をご紹介。


これを読んだきっかけは、Instagram。

当時、この作品を読んでいる人をよく見かけて気になっていた作品。


とーーっても重たかった。



許しを乞うことと、許すこと



なのかな、、、


んー


許してもらおうとするのってすごく簡単でずるい。

自己満足と思われても仕方ないかも。


でも、この作品でのそれはまた違っていて、

許す許さないの関係性ではなかったから、最後まで読めたのかなと思う。


どちらにしても、どの立場にも寄り添えなかったな、、

まぁ、寄り添う必要なんてなくて、

どちらの立場にもならないことが1番だ。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram