『Sweet Rain 死神の精度』

本日は映画のご紹介。


私にとって、5年に1回くらい見る機会がふと訪れる

不思議な縁を感じる作品です。


『Sweet Rain 死神の精度』は、

以前小説をご紹介した伊坂幸太郎さんの作品の映画化。


金城武さん演じる死神と、小西真奈美さん演じる死神に判定されるOL、藤木一恵。

7日後に死ぬ人間に近づき、その人間は死ぬべきか、生かすべきかを判定するのが、

死神の仕事。

2人をとりまくいろいろな人間関係も興味深いものがあります。


文章だけ読むと、架空なお話でファンタジーのようですが、

なんだかとてもリアリティーのある作品です。

自分にも、死ぬ前にはきっと人間の姿をした死神が現れるんじゃないかな、とさえ。


そして、この映画のオススメのもう一つが"音楽"。

死神がこよなく愛するミュージック。

そして、藤木一恵名義で小西真奈美さんが歌う主題歌"Sunny Day"。

前奏が心地良くて、私のiPhoneのプレイリストからずっと外れない曲。


この映画は、DVDパッケージなども雨の中で傘をさしていますが、

雨のシーンがとても多いのも特徴的。

天気の悪い時にこそ、見てもらいたい作品です。



profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram