久しぶりの推し。



最近めっきりテレビ番組をみなくなったのですが、

久しぶりに見つけた「あ、この人出てるなら見ようかな」の人。


最初の出会いは『コタキ兄弟と四苦八苦』というドラマでした。

超平坦なんですが、少しロマンチックで

センチメンタルで、なんかいい空気感の作品で、

その雰囲気を良い意味で壊すような主題歌『オトナ』。


普段、ラップやDJを聞く機会もないからか、

なんだか心地いい違和感がきっかけで、彼らを漁るように。


そんな中、ある番組で彼らのひとりが、


"1ヶ月くらい練習だけする時間が欲しい。

できないことができるようになった瞬間が一番楽しい"


的な事を言っていて。

今、忙しくてなかなか自分の時間がとれないのはわかるけど、

世界一のDJなのに、まだ自分に満足していなくて、

そういう事をサラっと言えるの本当にカッコいいと思ったんですよね。

バラエティとしては、つまらない答えなはずなのに。


年末も深夜バラエティにちょこちょこ出ていて、

見た目とか番宣で抜かれる発言だけの印象だけでイメージがついてそうなDJ松永さんだけど、

素直で、自分がブレない大人って素敵です。


私も好きなことに貪欲でありたい。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram