『カラフル』

『カラフル』 著:森絵都 版元:文藝春秋

 

中学生の頃、図書館司書教諭と仲が良くてHR後は図書館に通った。

「理論社」から出版された作品が特に好きで、見つけてはよく読んだ。

 

天国に逝ったはずの主人公が、だれか身体を借りて、ちゃっかり人生をやり直すストーリー。

児童書として今でも有名なので、表紙だけでも見たことある方多いかも。

 

だれかの身体を借りることで、見た目先行で違和感なく馴染めるものなんだなって思う一方で、

中身が違うと気づいてくれる子の存在って大事だと思った。


わたしは、気付けるだろうか、

そして、気付いてもらえるのだろうか、


きっと、中学生の頃は感じなかった感情だなー


昔に読んだことのある方も、ぜひ再読してみてください。

当時とは違う感覚で読めると思います。


児童書ってそういうところもおもしろいです。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram