「ル・パルクの色 遊びと企て」ジュリオ・ル・パルク展

銀座メゾンエルメス。


45cm角のガラスブロックが天高く積み上げられているような、

レンゾ・ピアノによるビルのファサード。


このガラスブロックが、現在はレインボーデザインに、表情を変えています。


このアーティストこそが、ジュリオ・ル・パルク氏。

このビルの8.9階にて、初の個展が開催中です。


一見、ただの虹のラインのようにもみえますが、

彼は自分の考えた14色の色だけを使うというルールを作り、

色を研究し、色を色としてではなくフォルムとして見ることで、作品を作り続けてきたそうです。



どの作品も決められた14色のみを使用しているけれど、

配列や反復、分断などによってさまざまなバリエーションが生まれ、異なる表情を見せていました。

ルールに縛られているかに見えて、自由で無限の可能性を感じられる、ってすごくおもしろくて、

じっくり見入ってしまう個展でした。


1959年から始めたという彼のこの研究。

展示されているのは、どれも手書きで作られたもので、

筆の滲みや重なりの雰囲気などもあり、それも含めて、色の楽しさを感じられました。

現代ならPCを使えば、簡単に作ることができるのかもしれませんが、

そうじゃないところからこそ、新しい楽しみって生まれるのかなと思います。

私は色使いが苦手なので、少し勇気をもらえたような展覧会でした。

会期は、2021.11/30までだそうです。



銀座メゾンエルメス フォーラム 8・9階

住所:中央区銀座5-4-1

URL: https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/

profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram