The Hill We Climb 私たちののぼる丘

2021年1月20日に行われたアメリカの大統領就任式。

レディー・ガガやジェニファー・ロペスを見たくて、見ていたこの式で、

1人の詩人のスピーチを聞くことになった。


昨年から英語の勉強をしているのだが、なかなかアメリカ人のネイティブスピーチを聞いて理解するのは難しい。

その中で、私でも何回か聞けばわかる言葉で話してくれたのが冒頭の詩人、

アマンダ・ゴーマンさん。


赤いカチューシャと黄色いジャケットが可愛い22歳の女性でした。

英語の勉強の為に聞いていた彼女のスピーチは、あっという間にネットニュースで日本語訳されて、素晴らしいと話題になりました。


しかし、それを見てしまっては勉強にならないので、

時間がかかりましたが、ようやく意味を理解。


やはり、素晴らしかった。


そのタイトルが“The Hill We Climb”(=私たちがのぼる丘)。


何度も彼女のスピーチを聞く中で、

印象的だったのは言葉もそうだが、表情やジェスチャーだった。

ただ詩を読むのではなく、みんなに話しかけている、

未来を見ている目だなと感じた。


“We've learned that quiet isn't always peace

And the norms and notions of what just is

Isn't always just-ice

And yet the dawn is ours before we knew it

Somehow we do it

Somehow we've weathered and witnessed

a nation that isn’t broken but simply unfinished”

(『The Hill We Climb』 Amanda Gorman より引用)



いちばん気になったフレーズですが、ぜひ全文を聴いて欲しいと思った。

気になった方は、ぜひYoutubeにてご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=jO4N35IikP0

(【公式】日テレNEWSのチャンネルです)

ただ、日本語訳は少し解釈が異なるかも。


私は、このスピーチを聴いて初めて彼女のことを知った。

彼女の人生のほんの一部分に触れただけで、

このスピーチが生まれるまでの過程を何ひとつ知らないから、

正しいのかはわからない。

だけど、世の中には、すごい人がたくさんいる。

グレータ・エルンマン・トゥーンベリさんのスピーチでも思ったけど、

年齢とか若いとかって本当に関係ないんだなと思った。

背中を押してもらった。



profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram