TOMO KOIZUMI × EMILIO PUCCI

もし万が一、表に立てるような容姿を持っていたら、

ぜひ着てみたいこのラッフルドレス。

これこそが、TOMO KOIZUMIのシグネチャー。


自分が着たいのなら、着ればいい!

と思う側の思考ですが、やはり似合わないものは似合わないから憧れます。


ここ2.3年、雑誌やアーティストのライブ衣装、ジャケット衣装などで目にすることが多く、

最初、"なんだ、これは!?"と思いました。

でも絶妙なボリュームや曲線美、色合いなどがすごく計算されていて、

とにかく目が行ってしまいますよね。


2020年にはLVMHヤングファッションデザイナー プライズのファイナリストに選ばれたことで、

さらに、ファッション業界大注目の的です。

(2020年のLVMHプライズグランプリは、コロナの影響で中止となり、

ファイナリストが賞金を山分けする形でした…。)


そんなTOMO KOIZUMIにいち早く声をかけたのが、

これまた独特なサイケデリックな柄が印象的なEMILIO PUCCI。

この2つのブランドがコラボレーションをして、

2021SSのカプセルコレクションを展示するExihibitionが行われました。

(すみません!こちらは、3/29で終了しました)



会場では、TOMO KOIZUMIが手がけるドレス11型の他、

2人のアーティストの作品が並び、ユニークな空間に。

TOMO KOIZUMIの作品をこんな間近で見られるなんて、とても素敵な時間でした。

何重にも重なったオーガンジー素材の洋服たちは、

オレンジやピンクなどEMILIO PUCCIらしいカラーで、春を感じるコレクションです。


2階は、EMILIO PUCCIの2021SSコレクションアイテムが並んでいます。

こ春夏コレクションのテーマは「Sulla Riva(岸辺で)」。

海の近くを歩きたくなるようなプリントやカラーがいっぱいでした。

外出がしづらいこんな世の中でも、

ファッションの楽しさを改めて感じられる展示会って、素敵です。

profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram