和の巨匠といえば、とらや。

青山通りを車で通るたびに、

行きたいなーと思っていた"虎屋 赤坂店"。


外観は全面ガラス張りで、

内装には吉野の檜が存分に使われている、洗練された開放感が目を引く建物です。

ここは、和菓子の販売のほかに

虎屋菓寮という喫茶やギャラリーなど複合店舗となっています。

ということで、ここは"虎屋菓寮"へ。

こちらも全面ガラス張りなので、晴れた日はとても明るく、広々とした空間なので、とっても落ち着く作りです。


こちらは、赤坂虎屋限定、期間限定の虎屋饅頭。

あんまんのように温かい饅頭の中に、こしあんがたっぷり詰まっています。

こぶしサイズくらいですが、ほどよいボリュームで、お茶タイムにぴったりです。


そして、虎屋といえばのお汁粉。

つぶあんとこしあんの2種類ありますが、こちらはこしあん。

上にはお餅が2個入っていて、こちらもボリューミー。でも優しい甘さで、いつの間にかぺろりです。


こちらの虎屋菓寮は、ホームページで現在の待ち時間が分かる仕組みになっています。

現在は、コロナ禍で席数を減らしての営業をされていて、待ち時間も長くなっているそうなので、まずはホームページをチェックすることをオススメします。

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/shops/detail/?id=5

profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram