Valentine 2021♡KALDIで見つけたベルギーチョコ

コロナ禍ですが、バレンタイン商戦が今年も始まりました。

hepatica journalでは、都内で見つけた自分へのプチごほうびにもしたい

親しみのあるチョコレートやちょっとクセのあるチョコレートをピックアップしていきたいと思います。


今回は、ファンが多いKALDIから、チョコといえばのベルギーチョコレート。

キングモンティ シングルオリジンチョコスティック

エクアドル71% 568yen(+tax)


ショコラティエなどではなく、セレクトショップでチョコを選ぶときは、

裏面の原産国をチェックするのが癖です。

「原産国:ベルギー」は、まずまちがいなくおいしいはず、という私の中の基準があります。つまり、このキングモンティも原産国はベルギー。


ベルギーといえば、GODIVAをはじめ、様々なブランドチョコレート発祥の地。

まさにチョコレート大国なので、チープなものでもベースのクオリティが高い。

そして、このペリカンのイラストとロゴ目を引く缶がキュン。

縦長タイプの缶パッケージは、友だちやちょっとした義理チョコにもしやすいし、中身がなくなってもペン立てなど再利用できるのも楽しいです。

こちらの商品は4タイプあるのですが、今回はシンプルなエクアドル71%に。


こちらは、細いスティックタイプのチョコレートが20本入っています。

パキッと折れて、歯ごたえのある固めのチョコレートなので、板チョコよりも食べやすく、保存もしやすいのが良い。



スティックチョコレート1本1本にも、ペリカンマークがついていて、この細かさも素敵ですよね。


そして私はヴィーガンではありませんが、こちらの商品はヨーロッパベジタリアン連合のヴィーガン認証を受けているので、健康指向な方にも贈りやすいですよ。


ヴィーガン:卵や牛乳など動物由来の食品をとらないこと。


お近くのKALDI検索はこちらから。

https://map.kaldi.co.jp/kaldi/top?account=kaldi&accmd=0

profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram