『火の粉』

『火の粉』 著:雫井脩介 版元:幻冬舎


ホラー小説は苦手なので読んだことないけど、きっとホラーより怖い。

それなのに一気読みしてしまった数少ない作品です。


雫井さんの作品は、上下巻や一冊でも分厚いものが多くて、いつも読み応えがあります。

スロースタートだけど、中盤から沼のようハマってしまうのです。


都会だと隣人との付き合いは浅い印象ですが、田舎では密接なイメージがありませんか?


その距離感て、難しいと思う。

奉仕してくれたり、物をわけてくれたりって最初はうれしいものだけど、限度がある。


わたしだったらどうだろう、どうすればいいんだろうってずっと考えて読んでたから

隣家って回避不可でほんと怖かった!

こうやって書いている内にもまた、

怖い記憶がぶり返してくる…


幽霊なんかより人間の方がよっぽど怖い…と、母が前言っていたことを思い出すほど、

人間の恐ろしさを感じた。


読んだ後、誰かと共有したくて友人に貸してしまったので、

また買おうか悩んでいるほど忘れられない作品です。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram