『BUTTER』

『BUTTER』 著:柚木麻子 版元:新潮社


新しい情報を何から得るのかを重要視する。


スタバの新作は公式から知りたいし、小説は本屋で実際に選びたいし、

映画はレビューや番組のおすすめコーナーではなく予告や原作で判断したい。


信用している人以外からはあまり情報をいれたくないタイプって多いんじゃないかな、、


タイトルが「butter」なだけあってバターに関する描写が多かった。


エシレバターなど既に知っている情報だったのでよかったが、

この小説で知っていたら口にすることはなかっただろう。

どの登場人物も理解に苦しむほど変人で醜くて、

終始胃もたれして読んでいる時間が苦痛だった。


完読後に、実際の事件をモデルにしていることを知ったが、

それを知っていたら読んでいなかったな、、

情報取得能力を鍛えないと、、、




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram