やっぱりファッション

深夜のこぼれ話。


突然ですが、

ここ15年くらいでファッションはすごく変わった、と思う。


私が思う変化の軸になっていたのは、

ギャル文化の衰退、ユニクロの台頭、ファストファッションの定番化の3つ。


ギャル時代の服がいちばん楽しかった。

ブランドごとにオリジナリティがあった。

ロゴだったり、カラー展開だったり、

今でも着ないのに捨てられない服もあるほど愛着があった。


けれど、今はどのショップを覗いても

同じようなものが並んでいる気がする。


ユニクロが悪いというわけではない。

私もインナーを買うことはある。

ファッションに興味がない人にとってはありがたい、とも思う。

ただ街を歩けば、カードゲームの神経衰弱のよう。

ユニクロのTシャツやパンツなど同じ服を着た人たちが

たくさんいるな、というのがとても目に入る。


風の時代。

有形物に価値を持たなくなるというけど、

ファッションは楽しくあってほしい。


今でもスタンダードアイテムとして着用しているライダースジャケットは、

10年以上前に109で買ったもの。

当時はまだ品質がしっかりしていたからか、

今でも色褪せを楽しめる自分だけのヴィンテージになっている。


洋服ってそういうのが楽しい。

だから良いデザインのものをいつも探していたい。

安いとか、セール品とか、貰い物とかで、着るのはできるだけ避けたい。


COMMON HEPATICAは、バッグのアイテムが多いですが、

大きくみれば、これもまたファッション。

他にはないけれど、実用性のあるバッグを、

トレンドのミニマルに乗せてお届けしていきたいと思います。


そして、自分らしいアパレルも展開していきたい。

いつかを、そろそろ明確にしかないとな。


profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram