懐かしい風景

深夜のこぼれ話。


先日ご紹介した"10 Mame Kurogouchi"の展覧会が行われている

長野県立美術館に向かう途中のこと。


思わず懐かしい風景にたくさん出会いました。

初めて行ったところなのに、不思議な感覚。


長野電鉄の電車は、きっともしかしたら、

2000年代に東京を走っていた電車なのかなって。

今は東京では一切見なくなった電車内の扇風機。

かなりの年季。


学校からの帰り道、よくこの扇風機の下で風が来るのを待っていたもので、

場所の取り合いしたりして。


そして、なによりpasmoやsuicaが使えない切符必須の電鉄。

切符なんて何年ぶりに買ったことでしょう。

小児90円って、なんだかとても懐かしい。

改札機もなくて、駅員さんによる手作業のスタンプ。

少し感動してしまい、持って帰ろうかと思うほど。


右の数字で両思い占いとかあったよな、とか。


電車を降りてからも、懐かしい風景が続きました。

最近まったく見かけなくなった黄色い旗。

地方の町らしい商店からは、懐かしい匂いがして...。


なんだか本当にタイムスリップしたような感覚に。



新しくて美しいものがやっぱり好きだけど、

今まで見てきた、通り過ぎてきたものを改めて思い返すことも大事だなと思えた1日。

久しぶりに頭の流れが良くなった感じです。


また行ってみたいなと思える場所。





profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram