ストーリーはいつも不完全……&色を想像する

東京オペラシティアートギャラリーで開催中の展覧会

"ストーリーはいつも不完全……"と"色を想像する"。


当初は、イギリス人アーティストのライアン・ガンダーの個展との同時開催の予定でしたが、

世界的なコロナ禍の影響で、個展は延期。

ライアン・ガンダーがイギリスにいてもできることはないか?という提案のもと、

今回のライアン・ガンダーが選ぶ収蔵品展が全館で行われることになったそうです。


社会人の最初の頃、常に考える時に意識するようになった"視点"。

ライアン・ガンダーの視点は、とてもおもしろくて、いつも発見があり、

考え方が凝り固まっている人にはオススメしたいアーティストのひとりです。


今回の展覧会も展示されている作品たちの多くは、

東京オペラシティアートギャラリーに収蔵されているもので、特に目新しい作品はありません。

しかし、ライアン・ガンダーのいたずらな視点を加えることで、新しい展覧会になっていました。


"ストーリーはいつも不完全……"では、

会場の右側には、枠と作品名だけの壁面。


そして振り返った左側には、本来の作品の展示。



作品のサイズと作品名だけを見て、どんな作品かを想像する。

そして振り返って答え合わせをしてみる。

見たことのある作品も、なんだか新しい気持ちで見ることができたり、

なんでこの作品名にしたんだろう、という疑問が生まれたり。。。

頭を使いながら、楽しむことができます。


そして。

”色を想像する“


こちらの会場は、真っ暗。

(といっても薄暗い感じで、何も見えないわけではありません)

懐中電灯を持って、会場を歩きます。


薄暗い中では、作品の本当の色がわかりません。

しかし、懐中電灯を照らすことで本来の色を認識することができます。

ただ見るだけじゃなくて、いつもだったらスーッと通り過ぎてしまうような絵でも、色の塗り方や輝き、全体の放つインパクトにぐっと引き込まれます。



新たな視点で見る絵画たち。

4/25〜の緊急事態宣言中は、臨時休館中ですが、オススメです。


東京オペラシティアートギャラリー

https://www.operacity.jp/ag/


profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram