『ホワイトラビット』

『ホワイトラビット』 著:伊坂 幸太郎 版元:新潮社


殺し屋といったら伊坂 幸太郎、そしてその逆もしかりといえるほど、殺し屋シリーズが有名ですね。

といってもシリーズ化する必要があるのかイマイチわからなくて、、個性豊かでユニークな殺し屋図鑑のようなイメージで読んでいます。


本作に関しては、「全てを、疑え!」という帯にうまいこと?騙されました。

疑わなくても何となく伏線が見えてしまうし、シリーズから10年以上経っているので伊坂 幸太郎さんの作品が初めてでない方には新鮮味もなくて、わかりやすすぎるのではないかと思ってしまった、、!

シリーズ物って基本的にひとつめが一番だなとありありと感じた作品でした。




profile.jpg

hepatica journalを

ご覧いただきまして、

​ありがとうございます。

いろいろな事が起きる

毎日の中で、

少しでも軽い気持ちや

リフレッシュできる場所を

提供できたらと。

ぜひ、いろいろなとこで

シェアして頂けたら嬉しいです。

  • Instagram